原因と対策をご紹介

冬に顔が赤くなる
赤ら顔の人は末端冷え症が多い
赤ら顔対策
ビタミンkとビタミンE
紫外線対策
レーザー治療
漢方薬治療
更年期障害と赤ら顔
赤ら顔の洗顔方法
蒸しタオルで肌をキレイに
頬の肉を落とす顔面体操
大人ニキビの治し方
お肌に効果的なマッサージ方法
肌によい食べ物
保湿対策に効果のある栄養素と食品
顔のむくみ解消
小顔になる方法
乾燥肌のお手入れ
あごの下のたるみ
熱のバランス
塗るだけで小麦肌になれる!セルフタンニングローション
カラコンの選び方

 

おすすめリンク

赤ら顔を治す方法
生える育毛剤
市販育毛剤ランキング

 赤ら顔を治すには

 
赤ら顔はとくに冬場に起こりやすい現象です。

寒い外から温かな室内に入ったときなど、気温の急激な変化に伴い発生します。
その仕組みは、寒い時に収縮した顔の皮膚の毛細血管が、温められることにより急激に膨張し、顔に赤みを発生させることによって起こります。
また、顔の皮膚が薄かったり肌の色が白かったりすると、余計にその症状が目立つことになります。

一度、暖房の強めの室内などで頬が熱くなるとなかなか赤みも引かず、恥ずかしい思いをする悩みを抱いているという人が多くいます。
赤ら顔の症状  
その対策、治し方としては、主に専用の美容液の使用で赤みを抑えることができます。または整形外科などでレーザー治療も有効な方法として用いられます。

赤ら顔は、自律神経・交感神経が緊張し、皮膚の下にある毛細血管が拡張され、
流れが滞りうっ血することにより、頬が赤く見える状態
です。

また、皮膚炎を繰り返したことで起こるとも言われており、通常の人よりも皮膚が敏感です。ですので、極力肌に合わない化粧品の使用や紫外線などお肌に害とされるものは極力避けることが必然です。

スキンケアについては、顔の皮膚にダメージを与えて薄くしてしまわないように
気を配っておく必要があります。

必要以上にゴシゴシこすったり、マッサージやピーリング(角質除去)をやりすぎ
て強い摩擦を与えてしまうと、皮膚が薄くり赤ら顔を助長させてしまいます。
たっぷり泡立てたキメの細かい洗顔料でやさしく包むように洗顔し肌に優しい化
粧水等で保湿をしっかり行います。

また、お風呂などで湯船に浸かってしっかり汗をかいて新陳代謝を活発にするの
も肌の健康に大事なことです。
 

顔の赤みの根本からアプローチ【白漢しろ彩】

赤ら顔改善

Q. ほかにどんな対策が有効なの?


A.日常の生活習慣の中で少しずつ改善していくという方法もあります。


その1.冷水とお湯で皮膚の鍛錬しましょう!

具体的な改善の方法のひとつとして、肌の角質を厚くすることが効果的です。
入浴時に冷水とお湯の洗面器を用意しましょう。
交互に数回ずつ顔をひたすことで、お肌に健全な刺激を与え鍛錬できます。


その2.角質を丈夫にするための食事に改善、そして肌の保湿!

角質を丈夫にする食事は、濃緑野菜と油脂の組み合わせが最適です。

敏感肌の人は角質層が薄いので、肌の水分が逃げやすく乾燥しやすい状態になっ
ています。肌が乾燥すると、ますます刺激を受けやすくなるので、充分に保湿を
してあげましょう。

その3.ファンデーションでカバーできる!

ファンデーションを使えば簡単に赤みをカバーすることができます。ファンデーションを使うなら素肌のことを考えた100%天然由来のものがおすすめです。
→赤ら顔を隠すファンデーションを見る


  


その4.血行を良くして末端冷え症を治しましょう!

赤ら顔の人には末端冷え性の症状が多く見られます。手先、足先に血が通わないと、余計に顔の火照りが治りにくくなってしまいます。
ショウガなど代謝をあげる食物をを摂ることで、身体の末端の血流をよくすることが効果的です。

→ショウガのサプリメントをみる



その5.ビタミンKの摂取も効果的!

改善・対策として刺激物の摂取を控える、ビタミンKをしっかり取る、急激な温暖差による肌への刺激を避けるなどです。毛細血管に血液が通りやすいようにさらさら血液を意識した食事をとりましょう。
内側からの対策だけではなく外側からもしっかりマッサージや保湿液などでケア
していきましょう。

その6.肌の色を黒くして目立たないようにする!

赤ら顔の人は基本的に色が白いので頬の赤みが目立つ傾向にあります。
ですので、日焼けをして赤みを目立たなくさせるという方法もあります。

ですが、日焼けサロンは値段も高いし、時間も取れないという人も多いかと思います。そんな人には、塗るだけで1週間程度、肌が日焼けしたように小麦色になるローションなどもありますので、試してみてはいかがでしょうか。

→塗るだけで小麦肌になれるローションを見る



その7.ストレスを抱えない呼吸法で自律神経を整える!

 
ストレスや睡眠不足なども赤ら顔を助長させる原因となるので注意が必要です。

頬の赤みが気になっ悩んでいるとどうしても積極的になれなかったり、人目が気になって伏見がちになってしまいます。そして、気にし過ぎることで余計に顔に意識を集中させてしまう人も多いようです。

赤ら顔を治したい!しかし意識することで余計に緊張状態になり血液の流れが滞り 、顔が余計に赤らんでしまうという悪循環に陥りがちです。
1つの改善策としてオススメなのは呼吸法です。
普段から深く呼吸をする習慣をつけることでリラックスができ自律神経を整え、血流も良くなります。
また、深い呼吸を常に続けることにより、脳内麻薬のβエンドルフィンが分泌され、あまりネガティブな考えが浮かびにくくなります。

深くゆっくり肺いっぱいに息を吸い込み、
ゆっくりゆっくり長く息を吐き出すことを習慣にする
ことをお薦めします。

一刻も早く赤ら顔を治したい人は専用の美容液がおすすめ

顔の赤みの根本からアプローチ【白漢しろ彩】